Mar.2009
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
-->
ねこも一服
本日は快晴でした。近くの野原で猫もほっこり一服です。
旧奥津町ではまだ風は冷たいですが、これからは山菜のシーズンです。
恒例、野外での山菜天ぷらパーティーが楽しみです。
当事務所の裏側に流れている谷川の天然葉わさびが大きくなってきました。
栽培品にはない芳醇な香りと辛味がたまりません。
漬物、天ぷらにして食べます。
これも田舎暮らしの特権でしょうか。
羨ましいでしょ?




猫には癒されることが多いです。



天然葉わさびです。これから白い可憐な花が咲きます。



葉わさびに似ていますが、山菜の代表格の一つ「ゆきのした」です。これは天ぷらで食べます。火の通しすぎには注意です。



当事務所裏の谷川です。真ん中の黒いチューブは取水口です。ここでは谷川の水をいまだに生活水として使用できます。飲んだりもします。軟水の美味しい水です。

奥津では、春が遅く、ふきのとうもまだ出ません。一番早いのは、つくしでしょうか。遅い分、いろんな山菜に恵まれます。
- : comments (x) : trackback (x)
今度こそ、本当のなごり雪かな?
なごり雪にしては、ちと、大降りでした。5センチくらい積もったでしょうか。山間部の春は来そうで来ないもどかしさがあります。ノーマルタイヤの履き替え時期には判断が難しいところです。







消防団消火訓練の時期がやってまいりました。雪の降る寒い夜ですが、皆さん仕事が終わった後、訓練を始めます。ご苦労様です。






ニュースによると、苗場プリンスホテルが通年営業を止めるようです。苗場と言えば、ユーミンのお膝元として知られていますが、このニュースには少し残念です。80年代のバブル期には大盛況だったのですが。まあ、スキーシーズンは営業なので、安心しました。
志賀高原プリンスホテルは大丈夫でしょうか。「私をスキーにつれてって」の舞台でもあります。スキー全盛期を盛り上げた立役者です。これからは、夏山の美しいシーズンになっていくのですが・・・。

WBC優勝だあ〜〜〜!
- : comments (x) : trackback (x)
おかやま花だより
第26回 全国都市緑化おかやまフェア おかやま花だよりが始まりました。
3月20日から5月24日まで開催されます。緑と花をテーマにしたイベントです。自然、環境、ガーデニングがテーマのイベントです。当農園も初日出店しました。きのこ販売と四つ葉のクローバー押し花教室をしました。(西大寺会場)天気もよく、多くのお客様が来場されました。
その時の写真です。広大な会場のため、ほんの一部しかご紹介できません。

 



岡山屋の店舗です。岡山の珍しい特産品の店が週替わりで出店します。県外のお客様には大好評でした。お隣は哲多町の特産千屋牛(ちやぎゅう)を使った千屋牛ラーメンです。




width="320" height="240">

園内には緑や花があふれています。








ガーデニングをテーマにした独創的な庭が数十箇所も展示されていました。和風、洋風、アジア風など、これは見る価値があります。楽しいです。こんな庭が自宅にもあると、友達を呼んでガーデニングパーティーをしたくなります。

本当に素敵な場所ですので、皆さんお出かけ下さい。

ところで、ごほんっ・・・ ←咳ばらいです。
素敵な写真が下にありますので、よかったら見て下さい。



                   ↓



                   ↓

        
  
                   ↓

 
                 もう少し下へ


                   ↓



                   ↓



                   ↓







地元舞踊団の踊りです。とても素敵な女性を見つけましたので、思わず写真を撮りました。
天女の舞です。
古式ゆかしい純和風の美女です。このまま金田一探偵の映画に出演できそうな趣です。

追伸:出演者の方、関係者の皆さん、すいません。今後このような個人趣味的な映像は自粛します。

- : comments (x) : trackback (x)
輸出セミナー&商談会
3月18日に農林水産省主催の輸出セミナー&商談会がありました。
いよいよ四つ葉のクローバーも世界進出です。米国向けと香港向けに準備中です。
思えば・・・。商社を退職し、農業に転身した時は、まさか再び輸出事業に関係する時が来るとは思いもよりませんでした。商社時代、香港には何度も行きましたし(返還前)米国にも生活経験があったので、感慨深い思いでいっぱいです。
早速、eメールにて初めて文章を海外送信しました。ドキドキでした。手軽で安上がりなのも嬉しいです。あらためて、すごさを実感しました
そして何と言っても、世界中で活躍している価値ある人たちと出会えたのが一番嬉しいです。なんだかわくわく度が増してきます。


セミナーの始まりです。いわゆる官僚の方たちの挨拶から始まりましたが、皆さん、親切でいい人ばかりでした(ほんと)


日本ブランドのトレードマークです。


商談会の始まりです。各国からバイヤーが集まりました。もともと高い日本製品ですが、円高も手伝って国内より10倍以上の価格になる時もあるそうですが。心配になりますが、富裕層がターゲットなので関係ないらしいです(ハア〜溜息)


輸出品目の中で特に人気なのがイチゴです。糖度、形、色など世界一だそうです。


味噌、甘酒も大人気です。取扱説明書、品質表示などは各国の言葉に変換するのでしょうが、基本的にパッケージはそのままでいいようです。こてこての日本を前面に出すのがいいそうです。フランスワインやチーズのパッケージがそのままなのと同じで、異国情緒が感じられるからでしょうか。


蛇足:もう20年ぐらい前になるでしょうか。牛肉・オレンジが自由化された時、米国の酪農家が安い牛肉を手にして「日本の酪農家は潰れるよ」とニュース番組の中でにんまりしていたのを忘れられません。しかし実際はどうだったか。日本の安全で霜降り牛肉はアメリカで大ブレークし、米国産は狂牛病で信用はいまだに失墜です。韓国での輸入再開反対のデモが記憶に新しいです。また、手でむけるみかんの手軽さは、オレンジの人気を凌駕していたかもしれません。
現実に、イチゴ、桃、ぶどう、メロン、さくらんぼなど、米国製は日本の敵ではありませんでした。20年前、日本の政治家なり、官僚が、牛肉・オレンジ自由化の時「アメリカの農家はこれで潰れるよ」と誰も言わなかったのが悔やまれます。実際に自動車産業ではアメリカのメーカーは潰れたのですから。
よく産業の空洞化とは言いますが、輸入野菜に頼ってきた日本の農業はまさに「農業の空洞化」を起こしました。この失われた農業の20年をどうやって取り戻すのか、これからも考えていきたいです。

80年代米国の大停滞期に、米国官僚が(How we allowed to read of Japan)と言っていたのを思い出します。この言葉の真意を理解せず、高飛車になっていた日本のツケの後始末を今、やらされているような気がします。
そう言えば、Japan as No.1とかいう本もあったなあ。褒め殺しに日本人は弱いのかな。
- : comments (x) : trackback (x)
なごり雪
なごり雪です。
写真では分かりづらいと思いますが、雪がかなり降っています。
三月半ばになり、そろそろ雪の季節とはお別れです。年末を迎えるようなさびしい気分です。四つ葉も春を感じてか、勢いが加速してきました。いっぱいの緑です。世間様では婚礼の季節も到来で、受注が増えています。感傷にひたっている場合じゃありません。とは言え、やはり過ぎゆく冬は名残惜しいです。(私・・・変でしょうか・・・)



春来れば、冬遠からじ〜。

しばらくは、you tubeのスキー動画でも見ながら、やがて来る冬を楽しみにしています。
- : comments (x) : trackback (x)
矢部きのこ園 お問い合わせ
〒708-0511 岡山県苫田郡鏡野町羽出710-1 tel/fax.0868-52-0028 Copy Right (C) 2008 Yabe kinoko Farm. All Right Reserverd.