ハッピークローバー・四ツ葉の国・矢部きのこ園
トップページ
シロツメグサ・クローバーについて
栽培について
商品紹介
よつば・あ・ら・かると
ご注文・お支払い・お届け方法
四ツ葉の国ブログ
ハッピークローバー・シロツメグサ/クローバーについて
シロツメグサ(白詰草、別名:クローバー)は、マメ科シャジクソウ属の多年草で、原産地はヨーロッパです。春から秋にかけて球形の白い花を咲かせます。
日本では、牧草用として明治時代以降に導入され、帰化、野生化したものです。茎は地面を這い、3枚の小葉をつけますが、時に突然変異により、4小葉をつけるものがあり、「四ツ葉のクローバー」として珍重されています。この四ツ葉のクローバーは、自然界では1万分の1の確率とも言われるほど見つけることが難しいため、「見つければ、幸運を招く」という話が生れたのでしょう。
ハッピークローバー
また、白詰草の名称は、1846年にオランダから献上されたガラス製品の緩衝材としてこの草を詰めていたことに由来しているそうです。伝説によれば、四ツ葉のクローバーの小葉は、それぞれ「希望」「幸福」「愛情」「健康」を象徴しているとされています。そして更に、五ツ葉のクローバーが見つかる場合もありますが、この5枚目の小葉は「金運」の象徴とも言われています。

田畑や土手などに自生しているシロツメグサの中から、四ツ葉のクローバーを苦労して探したという記憶は誰にもあることでしょう。見つかるととても幸せな気分になりました。この気持ちを大切にしていきたいと思います。


矢部きのこ園・お問い合わせ
ハッピークローバー・四ツ葉の国・矢部きのこ園ロゴ
ハッピークローバー・四ツ葉の国・矢部きのこ園 〒708-0511 岡山県苫田郡鏡野町羽出710-1 tel/fax.0868-52-0028 Copy Right (C) 2008 Yabe kinokoen. All Rights Reserverd.